今は昔・・・・・・深き海の底でゆらゆらとゆるる海藻になりし感じなり。周りはまったく暗闇にかげも音もなし

〈旅の日記から〉原文のままに・・・・・。

〈本日の宿泊詳細〉
安宿,ゲストハウス,Guest house,安ホテル,Cheap Hotel,その他(野宿、駅・空港で夜明かし),自宅,
WiFi,ワイファイ,シャワートイレ付き,TV付き,冷蔵庫,エアコン、寄宿舎

30日目    :Bago(バゴー)
宿泊             :パンディタ・ラマ森林瞑想センター(64の11号室)
両替    :なし
食費    :朝食(5時30分) おかゆ、大豆、モヒンガー、パン(ジャム・バター)、バナナ
      :昼食(10時30分) 前菜4種類、メイン料理6種類、デザート4種類、りんご
      :夕食 午後の食事は戒律により禁止
雑費    :ヨギは外出することが禁止されている
     
 
 やった〜!!ついに瞑想で今までの人生で経験したことがない感覚を味わった。意識が完全に内側に深く入り込み、まったく違う意識レベルになった。この状態を例えるなら、深い海の底でゆらゆらと漂う海藻になった感じだ。周りはまったくの暗闇で光も音もない。

Oct27_001
写真は、私の意識は旅を始めたようだ。マンダレー行き列車の中(イメージ)

 昨日の夕方、5回目の座禅をしていた時、それまで絶不調が続き、かなり自信を失っていたので、衝撃的な出来事だった。2日前に【瞑想レベル1】を達成したばかりなのに、わずか2日間で次のレベルにたどり着いたことになる。もう、嬉しいと言うしかない。
 
Oct27_002
写真は、神秘体験に導いたのは、このスーレーパゴダなのか

 長いスランプの後、久しぶりにレベル1の深さまで精神集中でき、そのまま続けているとなんとなく、まだまだ集中が続くような感じになった。段々と今までにない感覚になり、どんどん集中していった。もう腹の膨らみ・凹みと意識が完全に一致している。レベル1に比べると倍くらい深い集中になり、もうまったく違う次元に入った。初めて経験する神秘の世界だ。このまま続けていったら次はどうなるんだろうかと、少し怖くなった。

Oct27_003
写真は、神秘体験に導いたのは、この朝焼けか・・・

 周りは真っ暗な世界で、一旦、たどり着いた世界を確認しようと呼吸を普通に戻した。「いったいこの世界はどうなっているんだ」と、上下左右に首を回してみた。もちろん目はつぶっているので、感覚だけで確認する感じ。どこにも光や音はなく、静かな暗闇だった。これから先、どうすれば良いのかわからないので、元の状態に戻ることにした。私は再び呼吸を腹の膨らみ・へこみに同調させてから、静かに目を開けた。

Oct27_004
写真は、歩いていても瞑想する外国人ヨギ

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


ミャンマーランキング